結婚を祝して贈る花

プリザーブドフラワーで結婚祝い

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いを理解する

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いを理解する どちらも花が長持ちしますが、内容は全然違います。
最近、人気が高いプリザーブドフラワーは生花を特殊な溶剤に付けます。
すると、生花のような色合いが残りますし、形も残ります。
どのような環境で管理するかによっても違いますが、劇的に花が長持ちします。
数年間はそのままの状態で保存できます。
ドライフラワーは、文字通り生花を乾燥させて作ります。
さかさまにつるして1~2週間くらい置くだけでできるので、自宅でも簡単に作れます。
色をなるべく鮮やかにして保存したい場合はシリカゲルを使って作ると良いでしょう。
プリザーブドフラワーとドライフラワーは、似たように見えますが、作り方が全く違います。
どちらも花を長持ちさせることには変わりないので、花を長期保存するならどちらでも構いません。
ただし、ドライフラワーのほうが色あせしやすいですし、壊れやすいので保存期間は短めです。
より長持ちさせたいと思ったらプリザーブドフラワーのほうが良いでしょう。

プリザーブドフラワーのアレンジは簡単に注文できる

プリザーブドフラワーのアレンジは簡単に注文できる 特殊な加工によって生花の美しさそのままで、長期間枯れない状態を維持することが出来るプリザーブドフラワーは、様々なシーンでプレゼントとして多くの方が利用している特徴があります。
一般的にプリザーブドフラワーのアレンジは花屋などで注文する方法がありますが、もっと気軽に自分の希望通りのアレンジ注文を行う方法として注目されているのがプリザーブドフラワーを取り扱っている専門店のオンラインサイトを活用する方法です。
アレンジブーケも大きさを自分の希望通りに選択することが出来ますし、贈る方に合わせてお花の種類も細かく注文することが出来るので希望通りのアレンジに仕上げることが出来るメリットがあります。
また、自分で花を決めるのは少し苦手という場合には、最初からプロが作ったプリザーブドフラワーのブーケも販売されていますので、既に出来上がっているタイプの中から好きな物を選択する方法もありますので誰でも気軽に注文可能です。

新着情報

◎2017/2/24

湿度に弱い
の情報を更新しました。

「プリザーブドフラワー 長持ち」
に関連するツイート
Twitter

Copyrignt(c) 2016 結婚を祝して贈る花 All Rights Reserved.